弁理士試験直前期の過ごし方

弁理士試験において、短答式試験直前の約2か月間はいわゆる直前期にあたります。

それまでの学習の総まとめと、本試験に向けての具体的な準備を行う重要な時期となります。

直前期の勉強

直前期の勉強において、ポイントなるのは、

  • 学習計画を具体的に書き出す
  • 週に1回の実力判定を行う
  • その結果に基づいて学習計画を細かく修正する
  • 本試験で得点につながる学習に注力する

ことです。

学習計画自体は直前期以前にも立てているかと思いますが、学習開始当初の想定とは進行状況や知識の定着度が違っているのが普通です。

残り2か月の段階で、改めてより細かい学習計画を立て直すことがおすすめです。

また、週に一度曜日を決めて過去問や模試を利用して実力判定を行うようにしましょう。

そしてその結果に基づきさらに学習計画を細かく修正していき、苦手な知識の最終的な洗い出しを行っていきましょう。

なお、直前の模試などでは誰も解けないような難問が出題されるものですが、そのような問題が解けなくても気にする必要はありません。

逆に正当率が高い問題を落としてしまった場合には、他の受験生との差が付いてしまい本試験では致命傷となってしまう可能性が高いので、しっかりと対策をしていきましょう。

また、模擬試験には実力の確認という以外にも、本試験のシュミレーションという役割もありますので、直前模試では解答の時間配分等、本番同様の方法で受験してください。

直前期に勉強以外で気を付けるべきこと

直前期には勉強以外でも注意しておきたい点があります。

まず、第一に重要なことは「体調管理」です。

いくらしっかりとした学習計画があっても、それを実行する体力や集中力が無ければ絵に描いた餅となってしまいます。

当たり前のことですが、できるだけ規則正しい生活と十分な睡眠を心掛け体調管理に努めましょう。

また、本試験1週間前からは本番に向けて細心の注意を払い、普段と違うものは食べないなど試験本番で体調を崩して後悔することのないよう過ごしてください。

その他の本試験への具体的な準備

試験本番に向けてはその他にも以下のような準備が必要です。

  • 試験会場の下見
  • 試験当日のスケジューリング

試験会場へは一度は下見に行き、交通機関の状況や試験会場までの道を確認しておきましょう。

試験当日の天候はその日になるまで分かりませんので、荒天の場合にどうするかも考えておきましょう。

場合にはよっては試験会場に徒歩で行ける範囲に宿を取れば、そのような心配とは無縁でいられます。

また、試験当日の動き方については、起きる時間、朝食や昼食の取り方まで具体的に決めておき直前になってバタバタすることのないようにしておきましょう。

まとめ

弁理士試験の直前期は、合否を左右する超重要な時期となります。

弁理士試験は勉強だけではなく、体調管理、試験本番への準備まで心を配り万全の準備をしたものが合格を勝ち取ることができる総合戦です。

それまで勉強してきた力を本番で出し切れるように、直前期を大切に過ごしてくださいね!