STUDYing(スタディング)の弁理士通信講座

→STUDYing(スタディング)の弁理士試験通信講座

STUDYing(スタディング)の弁理士通信講座の特徴

STUDYing(スタディング)は、短期間で弁理士試験に合格した方々の勉強法を徹底的に研究し、実際に効果を上げた学習法を、だれでも簡単に再現できるように開発された通信講座です。

忙しい方でも、電車やバスでの通勤・通学時間はもちろん、車の運転中、昼の休憩、仕事や授業の合間の待ち時間など、あらゆるスキマ時間の徹底利用を目指し、挫折の無い学習を実現します。

旧来の紙のテキストをメインに考えられた学習システムから、スマホやタブレットを使ったビデオ講座と音声講座により、無理なく、効率よく公務員試験対策に必要な知識が身につくように設計されています。

→詳しくはこちら

STUDYing(スタディング)弁理士通信講座概要

運営

KIYOラーニング株式会社

  • 所在地 東京都千代田区紀尾井町4-13 マードレ松田ビル3F
  • 設立 2010年1月

開講講座

  • 弁理士 短答・論文総合(基礎/短答/論文)コース
  • 弁理士 短答合格(基礎/短答)コース
  • 弁理士 論文対策コース

ポイント

  • 弁理士試験通信講座としては最安クラスの価格
  • 学習スタイルの徹底的なオンライン化
  • コース展開は限りあり

→公式サイト

STUDYing(スタディング)の弁理士通信講座レビュー

オンライン上で完全に完結する学習スタイル

STUDYing(スタディング)では、基本講座のビデオ・音声講座の繰り返し視聴することで知識のインプットを行い、その後すぐにオンラインのスマート問題集やトレーニング問題集を解くアウトプットを行い記憶の定着と理解の促進を図ります。

また、論文対策については、過去問分析から導き出された15パターンを繰り返し練習することで知識の定着を図ります。

進捗管理も自動でレポート化

オンライン学習のメリットとして、学習の効率化以外にも、学習時間・目標管理などの管理も自動で行えることにあります。

日々の学習内容と学習時間や、目標に対する進捗状況はどうかなどを一括管理できるため、非常に便利です。

独学に近い通信講座

このように優れたオンライン学習システムを備えた通信講座であるSTUDYing(スタディング)ですが、教材以外のサポートは基本的にありません。

限りなく独学に近い通信講座という位置づけとなっていますので、質問サポートなどが必須と考える方にはおすすめできない講座です。

STUDYing(スタディング)の弁理士通信講座まとめ

STUDYing(スタディング)の弁理士通信講座の魅力はなんといっても他の追随を許さない圧倒的な低価格です。

また、仮に1年で合格できなくても、格安の更新版で受講が続けられるところもコスパの高さに拍車をかけています。

その分、学習そのもの以外のサポート体制はほぼありませんが、その特徴をよく理解した上で使えば、最高の費用対効果を実現できる講座です。

→STUDYing(スタディング)の弁理士通信講座公式サイト